「いのちとくらし」を育む循環持続型農村都市共生地域

二地域居住

おぢやクラインガルテンふれあいの里


 田舎暮らしをしてみたいけど、すぐに移住するのは不安…。 そんな方のために、普段は今のお住まいで暮らしながら、時間のあるときに小千谷市で田舎暮らし体験ができる、それが二地域居住です。おぢやクラインガルテンふれあいの里では、滞在施設付き農園をお貸しし、余暇を見つけて田舎暮らしや農業体験を満喫することができます。
あなたもぜひ、おぢやクラインガルテンふれあいの里で気軽に田舎暮らし体験をしてみませんか?

[おぢやクラインガルテンふれあいの里のご紹介]
※クラインガルテンとは、ドイツ語で「小さな庭」を意味しています。ふれあいの里には、「ラウベ」と呼ばれる宿泊施設付きの滞在型農園があり、初めての方でも安心して野菜づくりができます。 広い敷地の中には、約150株のバラが咲き誇る庭園や、走り回ることができる芝生公園、のんびり自然散策ができる遊歩道などがあり、春の山菜や秋のきのこなど、自然の恵みを思い切り楽しむことができます。


滞在型農園5つのポイント

  • 敷地内から望む眺望が素晴らしい!
  • 関越自動車道越後川口ICから車で約5分とアクセス抜群!
  • ラウベがA・Bの2タイプあり、 光回線インターネットの接続可能!
  • 農作業の先生による指導で安心!
  • 市内には生活に欠かせない商業施設が多数!

   

滞在型農園:全30区画

  • 1区画/300㎡
  • 年間使用料/396,000円
  • 主な設備/ラウベ40㎡(車庫付き)、専用農園200㎡、エアコン、キッチン、バス、 トイレ、ロフト、農機具収納スペース※光回線インターネット接続可能
  • 最長5年まで利用延長可能

【関連サイト】

田舎暮らし応援・クラインガルテンのページ

〔URL〕https://www.city.ojiya.niigata.jp/
site/kanko/inakagurashioen.html


「いのちとくらし」を育む循環持続型農村都市共生地域 おぢやクラインガルテンふれあいの里を利用した二地域居住から、農家民宿など短期のちょこっと田舎体験、そして、地域にどっぷりの田舎暮らしを目指す方まで、小千谷の情報を広く発信していきます。


小千谷観光協会「おぢや路」



上質な時間を楽しむ大人の旅ガイド
小千谷をうんと楽しむために知っておきたい情報満載!。四季折々、温かく皆様をお迎えいたします。詳しくは観光協会のページを御覧ください。