都会を離れ、自然と共存して生きたい

地域おこし協力隊とは

外部人材の能力を活かして地域力の維持・強化を図る
 「将来、地域を支える担い手はいるのだろうか。」2011年度に小千谷市が行った集落調査では、地域住民の将来に対する不安の声が多く聞かれました。
小千谷市全体が抱えている人口減少の課題に対し、「地域に住もうという意欲ある都市住民が来てくれることが、地域を支える原動力になるのでは」と考え、2013年度に「地域おこし協力隊」制度を導入しました。 地域にとっては、外部人材の能力を活かして地域力の維持・強化を図ること。
「都会を離れ、自然と共存して生きたい」、「地域社会に貢献したい」と考える都市住民にとっては、地域が活躍と自己実現の場となる、それが「地域おこし協力隊」です。

現在小千谷市では、7名の隊員が各地に移住しながら、その地域の特色を活かした活動を行っています。地域おこし協力隊という生き方に、あなたも「しっくり」くるかもしれません。



関連サイト紹介

地域おこし協力隊

〔URL〕http://https://www.city.ojiya.niigata.jp/soshiki/kanko/kyouryokutai.html

 平成23年度に中山間地域を対象に実施した集落調査では、地域の将来に対する不安の声が多く聞かれました。そういった人口減少に対し、「地域に住もうという意欲ある都市住民が来てくれることが、その地域を支える原動力の一つになるのでは」と考え、平成25年度から地域おこし協力隊制度を導入しました。

総務省・地域おこし協力隊のページ

〔URL〕http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

 地域力創造グループは、本格的な地方分権改革の時代を迎えた今、時代の動きに即応し、常に新たな政策を企画・立案し、地域の元気創造プランの推進、定住自立圏構想の推進、過疎地域等条件不利地域の自立・活性化、人材力の活性化・交流・ネットワークの強化、都市から地方への移住・交流の推進、地域情報化の推進、国際交流・国際協力などの重要な課題に地方公共団体が積極的に対応していけるよう支援を行っています。

サブメニュー
小千谷市には、四季の自然と寄り添う、あなたにしっくりくる暮らしがあります。